mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)には最低利用期間はない!途中解約しても違約金かからない!

更新日:

キャリアでスマホなどを契約した場合、いわゆる2年縛りが設けられていることもあります。

2年以内に解約すると解約料が発生しますが、契約更新月に解約すると解約料を支払う必要がありません。

MVNOは、キャリアのような縛りを設けているところが少ないため、気軽に契約できるのが魅力です。

ただし、会社によっては最低利用期間が定められていることがあり、最低利用期間中に解約した場合は、キャリアと同様に解約料が発生します。

解約時に数千円ほどの費用がかかることもありますので、契約する際に確認しておくことが望ましいでしょう。

あるいは最低利用期間経過後に解約するなどの工夫が必要です。

しかし、マイネオの場合は最低利用期間が設けられていません。

いつでも好きな時に解約してください

マイネオはドコモとauの各プランがありますが、いずれも最低利用期間が設定されておらず、いつでも好きなタイミングで解約できるようになっています。

このため、1ヶ月間だけマイネオを使用して解約することも可能です。

MVNOによってはデータSIMは最低利用期間がない一方、通話SIMのみ数ヶ月~1年最低利用期間が設定されているケースもありますが、マイネオはデータSIM・通話SIMともに最低利用期間や縛りがありません。

マイネオは最低利用期間が設定されていませんので、解約する際の解約金も無料です。

いつ解約しても解約金は発生しません。

MVNOの多くは解約時に手数料が数千円ほどかかりますが、マイネオは0円で済むため、解約時の費用を節約できるのがメリットと言えるでしょう。

マイネオから他社へMNPするときはお金がかかるよ!

ただし、最低利用期間が無く解約金もかからない一方、通話SIMを使っている方が他社へ乗り換える際は注意が必要です。

MNPで転出を行う際は手数料が発生しますが、マイネオの場合、利用開始月の翌月から12ヶ月以内にMNPで転出を行うと、転出手数料として11,500円(税抜)がかかります。

通話SIMのみの場合ですが、他社への乗り換えのタイミングは注意したほうが良いでしょう。

しかし、12ヶ月経過以降にMNP転出すれば手数料は2,000円で済みます。

解約すると、マイネオのメールアドレスや各種サービスも利用できなくなります。

最低利用期間などはありませんが、もし他社へ乗り換えを検討中の方は、解約のタイミングに気を付ける必要があります。

解約月の利用料金は日割りで計算されますので、別途メールアドレスを用意するなど、準備を整えてから解約したほうが良いでしょう。

-mineo(マイネオ)

Copyright© mineo(マイネオ)ファン , 2020 AllRights Reserved.